【クアラルンプール時事】マレーシア保健省は28日、日本人女性(41)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。女性はマレーシアで働いていて1月に日本、今月上旬にインドネシアへの渡航歴があった。17日から発熱し、クアラルンプール市内の病院に入院後の27日に感染が判明した。
 保健省はまた、これまで中国のみだった渡航延期勧告の対象に、日本、韓国、イタリア、イランの4カ国の感染者発生地域を加えた。日本などからの入国者は特別カウンターで健康状態が検査される。 (C)時事通信社