厚生労働省は28日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、重症化の恐れがある持病を持つ高齢者らについて、通院せずに医師が電話やオンラインで診察し、普段使っている薬を処方できるとする事務連絡を、都道府県を通じて全国の医療機関に出した。
 同省によると、処方できる薬は既に診断されている慢性疾患などの医薬品。医師は持病を持つ人らを、電話やインターネットを通じて診察できる。処方箋は、医師が薬局にファクスで送るなどして調剤してもらう。新型ウイルスに感染している疑いのある患者については、対面での診療が必要となる。 (C)時事通信社