厚生労働省は28日、新型コロナウイルスの感染を調べる検査への公的医療保険適用に向け、医療機関や民間検査会社などとの意見交換会を開いた。同省は、保険適用した際の公定価格について1万8000円を基本とする案を提示。患者の自己負担分(3割の場合5400円)は公費で補助し、無償とする方向で調整する。
 研究機関などに委託せず、自前で検査結果を判定できる病院に関しては公定価格を1万3500円(自己負担分は3割の場合4050円)とする方針だ。同省は来週半ばの保険適用に向け、詰めの準備を進める。
 保険適用の対象となるのは医師が必要と判断した患者で、検査は現在設置されている「帰国者・接触者外来」や入院医療機関で行われる。全額公費で負担している現在の「行政検査」も並行して実施。保険適用により、特に入院中で急を要する患者への迅速な検査が期待される。 (C)時事通信社