【ニューヨーク時事】グテレス国連事務総長は28日、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスのリスク評価を引き上げたことを受け、「パニックになる時ではなく、十分な準備をする時だ」と述べ、各国に対策強化を呼び掛けた。
 グテレス氏はWHO事務局長の言葉を引用し、「最大の敵はウイルスでなく、恐れやうわさ、偏見だ」と強調し、人権を尊重しながら対応するよう訴えた。その上で「封じ込めは可能だが、その機会は狭まりつつある」と警告した。 (C)時事通信社