仙台市は29日、市内に住む70代男性が新型コロナウイルスに感染していることが分かったと発表した。東北地方での感染確認は初めて。
 市によると、男性は集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客で、船内待機後の20日に下船し、新幹線などで帰宅した。28日に微熱と喉の痛みを訴え、ウイルス検査で陽性と判明。濃厚接触者の家族1人は陰性だった。
 記者会見した郡和子市長は「陰性後に陽性に転じる例が出ている。感染状況の解明と治療薬に万全な対応を取ってほしい」と政府に求めた。
 29日はこのほか、高知市で看護師の30代女性、新潟市で介護のため帰省中だった東京都在住の60代男性の感染が確認された。高知、新潟両県での感染確認も初めて。北海道で20~90代の女性4人、名古屋市で70代女性の感染も判明した。
 東京都では20代女性の感染が確認された。26日に死亡した感染者の80代男性が入院していた際の担当看護師で、都は院内感染の可能性があるとしている。 (C)時事通信社