【ニューヨーク時事】グテレス国連事務総長は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月9~20日にニューヨークの国連本部で開かれる「女性の地位委員会」年次会合の縮小や、本国からの代表団派遣を控え、ニューヨークが拠点の代表に出席者を限定することを事務局に提案した。ドゥジャリク事務総長報道官が28日明らかにした。
 年次会合は、社会、政治における女性の地位向上を目指し、報告や勧告などを行う。報道官は「新型コロナウイルスをめぐる状況の急速な進展や、国連の重要な任務と公衆衛生上の懸念とのバランスを取る必要性を考慮し」提案したと説明した。 (C)時事通信社