新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な北海道の鈴木直道知事は29日、首相官邸で安倍晋三首相と面会し、検査態勢の拡充や不足している保健師の派遣など、緊急要望を行った。知事は、全国で最も感染者数の多い北海道を「重点対策地域」に位置付け、あらゆる施策を緊急、集中的に実施するよう要請。首相は「しっかり対応していきたい」と応じた。
 知事は「道民の命と健康を守り、暮らしへの影響を最小にするためには、まさに今がヤマ場」とする要望書も提出。検査試薬の安定供給や人的支援のほか、学校が臨時休業する間の保護者への休業補償といった支援体制を早急に整備することなどを求めた。 (C)時事通信社