【ワシントン時事】トランプ米大統領は2月29日、ホワイトハウスで記者会見し、新型コロナウイルスの感染者が死亡したことを明らかにした。米国内で新型ウイルスによる死者が確認されたのは初めて。トランプ氏は当初、死亡したのは50代後半の女性と述べたが、米疾病対策センター(CDC)は、西部ワシントン州の50代の男性と訂正した。CDCによると、男性の感染経路は不明。
 また、ペンス副大統領は会見で、過去14日間にイランを訪問した人の米国入国を禁止し、韓国とイタリアの一部地域への渡航中止を勧告した。韓国は大邱市、イタリアはロンバルディア州、ベネト州が対象。さらに両国からの入国者については、国内での検査強化も求めた。
 トランプ氏は感染拡大を防ぐため対メキシコ国境の封鎖も検討していると語った。一部報道で検討が指摘されていた日韓からの入国禁止措置についての発表はなかった。 (C)時事通信社