新型コロナウイルスの感染拡大防止策を議論する政府の専門家会議は2日、全域で感染が確認されている北海道のデータなどを分析した結果、「症状の軽い人も感染拡大に重要な役割を果たしているとみられる」とする見解を公表した。特に10~30代の若い世代は重症化しにくく、人と接する活動が多いため、気づかないうちに感染を広げている可能性があるという。
 同会議によると、これまでに国内で確認された感染者の8割は他の人に感染させていない。半面、スポーツジムやライブハウスなど屋内の閉ざされた空間で近距離で会話を交わすなどした場合、1人が多数に感染させ、感染者の小規模な集団「クラスター」をつくり出している例があるとした。
 同会議は北海道の状況について、中国から雪まつりなどに訪れた旅行者から都市部で感染が広がり、感染した若者らが他の地域に移動してさらに感染を広げた可能性があると指摘。道内には相当数のクラスターがあるとみられるとした。
 同会議は、この1~2週間、人と人との接触を可能な限り控えるなどの対策を取らない場合、感染者が急増する恐れがあると指摘。軽い風邪の症状でも外出を控えることや、カラオケボックスや自宅での飲み会など、風通しの悪い空間で近距離で会話するような場所を避けることを求めた。
 記者会見した同会議の尾身茂・副座長は「こうした対応を行えば、拡大を急速に収束させることが可能だ」と述べた。委員を務める押谷仁・東北大教授は「クラスターをつぶせば感染を制御できる可能性がある。北海道が他の地域のモデルケースになり得る」と話した。 (C)時事通信社