【カイロ時事】イラン保健省は2日、新型コロナウイルス感染が確認された人数が前日より新たに523人増え、1501人になったと明らかにした。死者は前日比12人増の66人で、中国以外では最多。イランの増加で、中国本土を除いた世界各国・地域の感染者数は1万人に迫っている。
 イラン政府は学校などを閉鎖し、市民にイベントや外出の自粛を求めているが、感染拡大に歯止めがかからない。
 一方、イランの在外反体制派組織「国民抵抗評議会(NCRI)」は、1日時点でイラン国内の死者が650人を超えたと主張。「指導部は誤った情報を通じて惨事の実態を隠し続け、ウイルスの急速な拡散を招いている」と非難した。英BBC放送ペルシャ語版も2月28日、複数の病院関係筋の話として、死者が少なくとも210人に上ると伝えており、政府が公表する情報の正確性に疑念も強まっている。 (C)時事通信社