参院予算委員会は3日午前、安倍晋三首相らが出席して2020年度予算案に関する基本的質疑を続行した。首相は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて10日をめどに取りまとめる第2弾の緊急対応策について、19年度予算の予備費の残り2700億円を「できるだけフルに活用したい」と強調した。国民民主党の浜口誠氏への答弁。
 米国が日本を入国禁止の対象国とすることを検討しているとの一部報道に関し、茂木敏充外相は「日本について入国制限措置などを取る動きはない」と否定。一方、イスラエルやイラクなど18カ国・地域が、日本に対して入国制限を行っていると説明した。 (C)時事通信社