【北京時事】中国政府は4日、湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎で、同日午前0時(日本時間同1時)時点の中国本土の死者が前日から38人増え2981人になったと発表した。湖北省で37人(うち武漢市31人)、内モンゴル自治区で1人増えた。
 累計の感染者は119人増の8万270人。湖北省以外の新規感染者4人のうち3人は北京市で、イランとイタリアからの入国者各1人の感染が確認された。湖北省で増えた115人中114人は武漢市だった。
 累計の退院患者は5万人近くに達したが、依然6416人が重症だ。 (C)時事通信社