【北京時事】中国税関総署は4日、全国の税関が3日までに行った入国者の新型コロナウイルス検査で、6728人が関連する症状を示し、うち75人からウイルスを検出したと発表した。
 税関では入国者全員に健康申告書を記入させ、体温測定を実施。税関総署は「税関をすり抜けウイルスが拡散するのを断固抑える」としている。
 北京市政府は4日、新たに3人の感染者を確認したと発表。うち2人は感染拡大中のイランとイタリアからの入国者だった。 (C)時事通信社