菅義偉官房長官は5日の記者会見で、国内での新型コロナウイルスの感染状況について「一部地域で小規模の患者集団の発生が把握されているものの、専門家の見解では感染スピードの抑制が可能な段階にある」との認識を示した。同時に「一定地域で急激な感染拡大などが見られた場合、どのような措置を取るか、具体化は待ったなしの状況だ」とも語り、緊急事態宣言を可能にする法整備を急ぐ考えを強調した。 (C)時事通信社