【ビジネスワイヤ】武田薬品工業は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療薬として血漿(けっしょう)分画製剤の開発を開始を発表した。COVID-19は重症急性呼吸器症候群コロナウイルス(SARS-CoV-2)によって引き起こされる疾患。同製剤はハイリスクCOVID-19患者に対する抗SARS-CoV-2ポリクローナル高免疫グロブリン(H-IG)となる。また同社は上市済み製品や薬物候補の中から治療薬候補を探索中。現時点でCOVID-19の承認済みの予防薬や治療薬はない。(C)時事通信社