「マスクを無料で送る」「下水道にウイルスが付いている」―。新型コロナウイルスに関連した不審な電話やメールに関する相談が、全国の消費生活センターなどに寄せられている。感染拡大に便乗した詐欺の可能性もあり、警察当局も警戒を強めている。
 国民生活センターによると、50代女性のスマートフォンに「マスクを無料送付する。確認をお願いします」と記載されたURL付きのショートメッセージが届いた。入手困難なマスクで関心を引こうとしたとみられ、同センターは「アクセスすると不正アプリがインストールされたり、個人情報を取得されたりする可能性がある」と注意を喚起している。
 80代男性は自宅を訪れた業者から、「中国経済がガタガタになっており、金の相場が上がることは間違いない」と購入を持ち掛けられたという。
 大阪府警によると、門真市の女性方に4日、水道会社の社員を名乗る男から「下水道にコロナウイルスが付いているので洗浄が必要」と電話があり、約10万円を請求された。
 仙台市内では「ウイルスに関する大切なお知らせがある。これから自宅に向かう」などと話す不審な電話があり、宮城県警は防犯メールで注意を呼び掛けた。
 厚生労働省の職員を装うケースも。同省の窓口には「費用を肩代わりするので検査を受けるように言われた」「個人情報を聞き出そうとされた」などの相談が増えているという。 (C)時事通信社