【ソウル時事】韓国保健当局は5日、新型コロナウイルスの感染者が6088人になったと発表した。報道によれば、死者は42人となり、2015年に韓国で流行した中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスによる死者39人を超えた。
 感染者のうち、新興宗教団体信者らの集団感染が発生した南部の大邱市と慶尚北道だけで5000人以上。感染者は首都ソウルでも100人を超えた。 (C)時事通信社