【北京時事】中国政府は6日、湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎で、同日午前0時(日本時間同1時)時点の中国本土の死者は前日比30人増の3042人、感染者の累計は143人増の8万552人になったと発表した。新たな死者の内訳は湖北省29人、海南省1人。
 新規の感染者のうち湖北省以外は17人で、うち16人は海外からの入国者だった。内訳は甘粛省11人、北京市4人、上海市1人。甘粛省の11人はイランから、北京市の4人はイタリアからの入国者。外国からの「逆流入」が確認された感染者は累計で36人となった。 (C)時事通信社