新型コロナウイルスの感染拡大を受け、防衛省は6日、4月初旬に予定していた太平洋島しょ国との国防相会合を延期する方針を固めた。同省が初めて主催する閣僚級の多国間会合として、パプアニューギニア、フィジー、トンガが出席し、地域の安全保障について意見交換するはずだった。今後の開催時期は未定。
 同省は、東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)参加国の局長級で毎年開く「東京ディフェンス・フォーラム」の延期も発表。国際政策課は「防衛協力を停滞させないよう、あらゆる手段で連絡を続けたい」としている。 (C)時事通信社