加藤勝信厚生労働相は6日の衆院厚生労働委員会で、新型コロナウイルスに感染し、いったんは治癒したとみられた患者が再び感染した可能性が指摘されていることについて、「日本で既に退院した人をフォローアップし、海外のデータも集めて見極めていきたい」と述べ、調査を進める考えを示した。
 加藤氏は再感染のリスクについて、「感染症は抗体を持つ人が増えれば減少するが、(抗体が)効かないか、効きが弱いとなれば非常に重要なポイントだ」と指摘した。 (C)時事通信社