新型コロナウイルスへの対応で政府が中国、韓国からの入国制限強化を決めたことに対し、主要野党から6日、既に市中感染が広がりつつある現状を踏まえて「圧倒的に遅い」(立憲民主党の長妻昭代表代行)などと一斉に疑問の声が上がった。
 長妻氏は取材に「他国が中国からの入国を規制した時に日本もやるべきだった」と指摘。国民民主党の舟山康江参院国対委員長も記者会見で「水際対策は初期にこそ有効だ」と批判した。共産党の田村智子政策委員長は韓国から抗議されたことに触れ、「水際対策強化が求められている時なのか」と述べた。
 一方、自民党の世耕弘成参院幹事長は会見で、「まさに正念場だ。経済上の配慮などいろいろな意見があるが、強い措置を断行することが重要だ」と政府の決断を支持。公明党の斉藤鉄夫幹事長も会見で「国内感染の拡大防止と同時に、水際対策の強化も必要だ」と同調した。 (C)時事通信社