新型コロナウイルスの感染者が7日、累計10万人を突破した。米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計によると、日本時間7日午前10時すぎの世界の感染者数は10万1931人。ただ、既に回復した人も5万7359人おり、差し引き4万4572人がこの時点での治療や隔離の対象となる感染者数だ。
 CSSEの集計では新型肺炎による死者も累計3488人に上った。中国に次いでイタリアとイランが多い。
 感染者は日本時間7日までに、アフリカのカメルーンやトーゴ、南米ペルーでも初めて確認された。トーゴ大統領府は声明を出し「感染者は2月22~3月2日、ベナン、ドイツ、フランス、トルコを訪れている」と発表した。AFP通信の集計では感染者が確認された国は90カ国を超えた。 (C)時事通信社