広島市は7日、同市在住の30代男性が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。広島県で感染者が出たのは初めて。
 市によると、男性は2月上旬にせきの症状が出ており、2月中旬から3月にかけて医療機関を受診。3月6日に陽性と判明し、7日に入院した。
 市は同居している家族や医療機関の従事者などの行動歴を確認しており、濃厚接触者の把握に努めている。 (C)時事通信社