【香港時事】マカオ政府は8日、日本からの入境者に14日間の隔離による医学観察を施すと発表した。10日正午からの実施で、マカオ居住者以外は政府指定のホテルに滞在する。
 マカオは既に韓国、イタリア、イランからの入境者に同様の措置を取っており、今回、日本、ドイツ、フランス、スペインを加えた。対象は、過去14日以内にこれらの国での滞在歴がある人。指定ホテルでの滞在費は自己負担となる。 (C)時事通信社