【ベルリン時事】ドイツメディアによると、エジプト当局は8日、1週間前に同国入りしたドイツ人男性(60)が、新型コロナウイルスへの感染で死亡したと明らかにした。同ウイルス感染によるアフリカ大陸での死者が確認されたのは初とみられる。ドイツ人の死亡も初めて。
 男性は観光地ルクソールから紅海沿いのリゾート地ハルガダに移動した後、6日に発熱を訴えて病院を訪れ、8日に死亡した。感染したのがドイツかエジプトかは不明だ。
 ドイツの感染者数は、8日までに902人に増加。同日には、シュパーン保健相が国内で1000人以上が集まる大規模イベント中止を勧告した。 (C)時事通信社