【バチカン市AFP時事】フランシスコ・ローマ教皇は8日、世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスに関し「私は感染に苦しむ人々と共にある」と述べ、連帯を表明した。また、「強い信念と確かな望み、慈悲の心でこの困難を乗り切ろう」と呼び掛けた。
 教皇の礼拝と一般謁見(えっけん)は通常、サンピエトロ広場に集まる大勢の信者に向けて行われるが、感染拡大を防ぐため、この日は伝統を破りビデオメッセージを発信した。
 教皇自身も1週間以上風邪の症状があり、公の場に出ることを控えていたが、この日は撮影の後、窓から聴衆に手を振った。 (C)時事通信社