【パリ、ベルリン時事】新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない欧州で、医療現場がパンク状態となりつつある。特に感染者が多いイタリアの政府は、感染症病床の倍増や医療従事者の確保に追われている。フランス政府は医療用マスクの在庫と生産を全て管理すると発表。ドイツもマスクを含む感染防止用品の輸出を禁止するなど、各国は試行錯誤を続けている。
 ◇医師不足を直撃―伊
 イタリアでは、比較的裕福で医療制度が整っている北部から感染が始まった。感染は瞬く間に全国に拡大。貧困層の多い南部で感染者が増えれば、「医療制度が追い付かない危険性」(コンテ首相)が懸念される。
 危機の背景にあるのは、財政健全化に向けて行われた医療費削減政策だ。仏紙レゼコーによると、イタリアでは過去5年間に約760の医療機関が閉鎖。医師5万6000人、看護師5万人が不足している。政府は引退した医療関係者の復帰や軍事施設の活用など、対応を急いでいる。
 医療大国とされるドイツでも、患者らの殺到による医療現場の崩壊が懸念されている。同国では2月末から新型ウイルスの検査費用が公的医療保険で賄われるようになり、検査希望者が急増。感染症対策などを行う政府機関、ロベルト・コッホ研究所のウィーラー所長は6日の記者会見で、医療機関は既にパンク気味だとして「病院に行くのは緊急時のみにすべきだ」と呼び掛けた。
 ◇マスクにも処方箋―仏
 フランスでは新型ウイルス感染への懸念から手指消毒剤や医療用マスクの需要が急増。店頭で売り切れが相次ぎ、インターネット上では法外な価格で売買が行われた。
 これを受け、ベラン保健相は「政令発効により今後は国がマスクの生産と在庫を管理する」と発表。医師の処方箋がなければ購入できない決まりとなった。またルメール経済・財務相は、消毒剤の価格を政府が決定する政令を発表した。
 全国規模で15日までの休校措置が取られたイタリアでは、突然仕事を休まざるを得なくなった保護者らの困惑が伝えられている。ローマに住む弁護士の男性は地元メディアに「初日は妻が仕事を休み、自宅で子供2人の面倒を見た。次は私が2人を職場に連れて行った」と話した。シングルマザーの女性は「仕事に行かねばならず、子供の世話をできない。とてもひどい状況だ」と嘆いた。 (C)時事通信社