自民党の末松信介、立憲民主党の芝博一両参院国対委員長は9日午前、国会内で会談し、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた新型インフルエンザ対策特別措置法改正案について、13日に成立させることで合意した。末松氏が記者団に明らかにした。
 政府は10日に改正案を閣議決定した後、国会に提出する。自民、立憲両党は先に、12日に改正案を衆院通過させることで合意している。 (C)時事通信社