加藤勝信厚生労働相は9日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府として要請した大規模イベントの2週間の自粛について、3月中旬にも要請を継続するかどうかを判断する考えを示した。国民民主党の伊藤孝恵氏への答弁。
 加藤氏は、安倍晋三首相による2月26日の大規模イベント自粛要請や翌27日の一斉休校要請を挙げ、「一連の措置の効果が出るまで2週間(を要し)、プラス1週間前後、分析にかかる。それを踏まえて(対応を)判断する」と述べた。
 首相は、新型コロナウイルスの経済への影響について「海外からの観光客の減少に加え、工場の製造ラインを維持できるのかといった不安も拡大している」と指摘。「そのインパクトに見合うだけの必要かつ十分な経済財政政策を行っていく」と強調した。立憲民主党の吉川沙織氏への答弁。 (C)時事通信社