名古屋市議会で9日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するための条例が全会一致で可決、成立した。10日から施行する。感染が疑われる市民は不要不急の外出を控えるよう、努力義務を課した。市によると、新型コロナウイルスに関する条例は全国初。
 条例では、事業者に対して濃厚接触者の従業員を自宅待機とすることも要請。いずれも罰則は設けない。市も正確な情報発信をするよう努める。
 市内では、感染者と接触し、健康観察対象者となっていたにもかかわらず通勤ピーク時に地下鉄に乗るなど市の自宅待機要請が守られないケースがあった。条例を通じて市民に協力を求める。 (C)時事通信社