新型コロナウイルスに感染したか、発症した後に病院で簡単に検査できる技術を開発したと、横浜市立大の梁明秀教授らが9日発表した。血液を採取し、上澄みの血清を検査キットに少量添加するだけで、15~30分後に結果が分かる。梁教授は「今後精度を上げ、感染が拡大している段階で使えるようにしたい」と話しており、試薬メーカー関東化学(東京都中央区)が製品化を目指す。
 この技術は一般的には「イムノクロマト法」と呼ばれ、ウイルスのたんぱく質(抗原)に対し、感染者の免疫システムが生み出すたんぱく質(抗体)が結合する反応を利用する。横浜市大付属病院に入院した感染患者6人で試験した結果、全員から抗体検出の陽性反応が出て、性能を確認した。
 現在主流の「PCR検査」は、喉などにウイルスがあるかを発症前から調べられるが、検体を検査機関に持ち込んでから結果が出るまで6時間程度かかる。
 これに対し、イムノクロマト法は抗体ができるのに時間がかかるため、検査できるのは発症後7~10日程度たってから。横浜市大で高度救命救急センター長を務める竹内一郎教授は「実用化できたらPCR検査と使い分ける形になる」と指摘した上で、「病院で肺炎患者にすぐ検査できるので、有用性が高い」と話した。
 梁教授らは、新型コロナウイルスに対する抗原がどれぐらいの量できているかを、1回に約100人分の血清をまとめて調べられる「エライザ法」の検査技術も開発した。
 新開発した二つの方法とも、血清の抗体を検出するにはウイルスの抗原たんぱく質を人工合成し、キットに組み込む必要がある。毒性が強いウイルスたんぱく質を大腸菌などに作らせるのは難しいため、小麦胚芽の抽出液に含まれる細胞小器官を使ってたんぱく質を作る方法を応用した。 (C)時事通信社