【オークランド(米カリフォルニア州)時事】新型コロナウイルスの感染者が確認されたクルーズ船「グランド・プリンセス」が9日昼(日本時間10日未明)、米西部カリフォルニア州オークランド港に入港した。横浜港に停泊したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の船内で乗客らを隔離し、感染拡大を阻止できなかった日本の教訓を踏まえ、乗客の早期下船を優先させる。
 船は、数十人の報道陣に見守られながら、サンフランシスコ湾内をゆっくりと進行し、港に入った。まず体調不良者を医療機関に搬送し、乗客約2400人を2、3日中に下船させる。下船した乗客の多くは、カリフォルニア州やテキサス州、ジョージア州の軍施設に送られ、14日間隔離される。乗員約1100人は船を下りず、洋上で隔離される。
 240人近くの自国民が乗船していたカナダは、退避のための航空機を派遣すると表明した。日本政府によると、日本人4人(乗客3人と乗員1人)の体調に問題はなく、日本政府が対応を検討している。 (C)時事通信社