菅義偉官房長官は10日の参院内閣委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大により医療機関や介護施設などで深刻化するマスク不足に対応するため、厚生労働、経済産業、総務各省で構成する「マスクチーム」を立ち上げたことを明らかにした。
 菅氏はその後の記者会見で、「医療機関や介護施設に対する(国が購入した)マスク供給を、自治体や関係企業と連携し、円滑に行っていくためだ」と説明した。同チームは3省の職員約40人で構成し、9日付で設置した。 (C)時事通信社