兵庫県などは11日、認定こども園「聖ニコラス天使園」(神戸市東灘区)に勤務する20~60代の保育士ら職員4人とその家族1人が、新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。同園では9日に50代の女性園長が陽性となっており、関係者の感染は計6人となった。市は感染者の小規模集団「クラスター」が発生した疑いが濃厚とみている。
 同園で新たに感染が分かったのは、神戸市の保育士2人と事務職員1人、芦屋市在住の職員1人とその父親。同園は106人の子どもが利用しており、感染者と接触した園児らの検査を進める。
 京都市は11日、9日に感染が確認された保育士が勤務する保育所で、園児1人が新型ウイルス陽性となったと発表した。園児は保育士の濃厚接触者で、重症ではないという。同市はまた、右京区役所に勤務する50代女性が感染していたとして、同区役所の一部窓口を13日まで停止すると発表した。
 帰国者の感染が相次いでいるエジプトのツアー旅行参加者では、新たに千葉県松戸市の70代と60代の夫婦、東京都の60代男性、埼玉県戸田市の70代男性の陽性が確認された。
 札幌市では、感染者を担当していた50代看護師が陽性となった。兵庫県姫路市では、既に複数の感染者が出ている医療機関に入院する70代男女が新たに感染。いずれも院内感染とみられる。
 名古屋市では新型ウイルスに感染したいずれも80代の男性2人が死亡。2人とも基礎疾患があった。兵庫県では、死亡した宝塚市の80代男性から新型ウイルスが検出された。男性は感染者が相次いでいる伊丹市のデイケア施設を利用していた。国内で確認された死者は22人となった。
 11日にはこのほか、北海道や東京、神奈川、愛知、大阪などで新たな感染者が出た。 (C)時事通信社