【グローブニューズワイヤ】Crown・Bioscienceは新たな二つの肝線維症げっ歯類モデルの発売開始を発表した。これらのモデルを用いることで、NASH治療、および急性肝障害や高度線維症における抗線維化治療の効果をより迅速かつコスト効率的に評価することが可能となる。この二つのモデルは、新規の飼料であるコレステロール添加コリン欠乏線維症(CCDF)飼料と四塩化炭素により線維症が誘発さたモデル。これらのモデルの発売により、CrownBioは幅広い前臨床プラットフォームを提供しNASH治療薬の開発へのさらなる貢献に取り組む。(C)時事通信社