【北京時事】中国政府は12日、新型コロナウイルスの中国本土での感染者が同日午前0時現在で前日比15人増の8万793人、死者が11人増の3169人になったと発表した。新たに報告された感染者のうち湖北省は1桁の8人にとどまり、全員が武漢市だった。
 新規感染は外国からの入国者6人を含み、うち広東省ではスペインからの2人、フランスからの1人の感染がそれぞれ確認された。中国本土の患者は減少傾向だが、帰国者の感染報告が相次いでいる。
 北京市は11日、全ての国・地域から来た人に14日間の隔離観察を即日開始すると発表した。従来の対象は日本や韓国などからの入国者に限られていた。短期滞在者は指定されたホテルでウイルス検査を受け、結果判明まで外出できない。 (C)時事通信社