世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスについて「パンデミック(世界的流行)」と表明したことを受け、厚生労働省は12日、「パンデミックが表明されても、各国に求められる具体的対応は変わらない。日本としては、今まで以上に気を引き締めてやっていくが、対応が変わるという認識はない」との見解を明らかにした。 (C)時事通信社