立憲民主党など主要野党の国対委員長は12日午前、国会内で会談した。森雅子法相が「東日本大震災の時に検察官は最初に逃げた」と答弁したことについて「この大臣の下では審議に応じられない」との認識で一致。政府見解を要求することを申し合わせた。森氏の問題のあおりで、午後に予定された新型インフルエンザ対策特別措置法改正案の衆院本会議採決はずれ込んだ。
 12日午前、衆院総務、農林水産、災害対策特別各委員会と参院予算委員会は定刻を過ぎても始まらなかった。
 立憲の安住淳国対委員長は記者団に、法務省に確認したところ、森氏の発言内容は事実ではないと指摘。「謝罪や撤回では済まない。委員会、本会議の例外なく国会は止まる」と強調した。
 この後、安住氏は自民党の森山裕国対委員長と会談し「法相は政治責任を取るべきだ」と伝えた。森山氏は「首相官邸に報告し、対応を協議する」と応じた。両氏は断続的に協議を行ったが、折り合わなかった。 (C)時事通信社