子どもの貧困対策に取り組むNPO「キッズドア」らが12日、東京都内で記者会見し、臨時休校で家庭の経済負担が増えているとして、中学生以下がいる世帯に、臨時給付金として子ども1人当たり3万円の支給を求めた。与野党に要望するほか、今後署名を集め、安倍晋三首相への提出を目指す。
 要望書によると、休校により子どもの昼食や学習ドリルの購入など、予定外の出費が発生しているという。3月上旬にインターネットで実施した調査では、一人親家庭の半数近くが新型コロナウイルスの影響で収入が減るか無くなると回答した。 (C)時事通信社