【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は11日、新型コロナウイルスは「パンデミック(世界的流行)と見なせる」と表明した。イタリアなどでの爆発的拡大で、中国外での1日の新規感染者は約4600人と、中国の約300倍に到達。WHOによれば、感染者数は118カ国・地域で12万5000人に迫り、名実ともに世界規模の大流行という状況になっている。
 WHOがパンデミックの呼称を使うのは、2009年の新型インフルエンザ以来11年ぶり。テドロス氏はジュネーブでの記者会見で「今後数日、数週間で、感染者と死者、それに感染者が出た国の数は一段と増えるだろう」と警告した。
 WHOは、ある程度一般化可能なインフルエンザを除き、パンデミックの定義や行動指針を明確に定めていない。このため、実質的な意味は大きくないとして新型コロナのパンデミック認定に慎重だったが、感染拡大に歯止めがかからない中、強いメッセージを出す必要があると判断した。 (C)時事通信社