北海道の鈴木直道知事は12日の臨時記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大を受け、今週末も道民への外出自粛を要請した。自粛要請は3週連続。
 鈴木知事は「北海道での取り組みが(全国の感染防止対策の)試金石になる」と強調。「感染リスクが高まるような外出はできるだけ控えていただきたい」と述べた。
 具体的には、発熱などの症状がある場合は外出を控えることや、外出する場合は人の密集する場所や換気の悪い場所を避けることを改めて呼び掛けた。
 道では12日も新たに10人の感染が確認され、感染者は死者4人を含む128人となった。道によると、現在治療中の患者は71人で、うち6人が重篤という。 (C)時事通信社