【カイロ時事】イランは12日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、国際通貨基金(IMF)に50億ドル(約5200億円)の緊急支援を要請したことを明らかにした。AFP通信によると、イランがIMFに融資を求めるのは1979年のイスラム革命前となる62年以来という。
 イラン保健省は12日時点で、新型コロナ感染者数が1万75人に上ったと発表した。死者数も429人に増えた。感染者数は中国とイタリアに次ぐ規模で、感染拡大に歯止めがかからない状況だ。
 米国の制裁下にあるイランでは経済が極度に悪化しており、原油価格急落も追い打ちをかける。感染予防のために必要な医薬品の不足と価格急騰も深刻で、市民や医療現場の混乱が伝えられている。 (C)時事通信社