【ベルリン時事】新型コロナウイルスの感染者数が12万人を超えて急増し続ける中、「パンデミック(世界的流行)」を表明した世界保健機関(WHO)の対応は、後手に回った印象を拭えない。中国の習近平国家主席が初めて感染の震源地である武漢入りし、国内での抑え込みを宣言した翌日というタイミングには、中国への配慮も見え隠れする。
 WHOは本来、インフルエンザ以外の疾病にはパンデミックの状態を明確に定義していない。緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は「基本的考え方は、国から国への感染拡大が制御できなくなる」事態と説明している。
 ただ、既に110以上の国と地域で感染者が確認されている状況で、パンデミック認定を見合わせてきた明確な理由は見いだせない。現在とは疾病や制度が異なるため単純比較はできないが、WHOが2009年に新型インフルエンザでパンデミックを宣言した時点で、感染者が出ていたのは約70カ国だった。
 習主席は10日に武漢を訪れ、「拡散の勢いは基本的に抑え込んだ」と自賛した。WHOは、テドロス事務局長だけでなく他の幹部も中国の対応を全面的に称賛し、他国も中国を見習うべきだと繰り返している。
 WHOは1月末に「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言したが、その後の約1カ月半で、死者数は約25倍に増加した。テドロス氏は「中国寄り」との批判に直面し、終息後の総括を待って対応を評価してほしいと訴えているが、ここまで感染が広がった以上、厳しい評価は避けられそうにない。 (C)時事通信社