【グローブニューズワイヤ】PRAヘルス・サイエンスは11日、同社子会社のシンフォニー・ヘルスがデータバントとのパートナーシップ関係を結んだと発表した。これによりライフサイエンス企業は、統合できるデータの幅が広がり、患者治療の取り組み関して深く全体的な視点を得られることになる。シンフォニー・ヘルス独自のSynoma匿名化エンジンは、独自のトークンを使用して、ヘルスエコシステム全体から得られる補完的なデータセットの統合を可能にする。シンフォニー・ヘルスは、データバントと緊密に協力することで、Synomaを介して統合されたデータを、データバントを介して利用可能な数百もの独自のデータセットに接続する柔軟性を顧客に提供する。(C)時事通信社