【北京時事】中国政府は13日、新型コロナウイルスの感染者が同日午前0時(日本時間同1時)時点で、前日より8人増え8万813人になったと発表した。中国本土の新規感染者が1桁にとどまるのは、全国集計の発表を開始した1月21日以降初めて。湖北省武漢市で5人増えたほかは、米国とイタリアから帰国した上海市の2人と、英国から入国した北京市の1人だった。
 死者は武漢市で6人、山東省で1人それぞれ増え、3176人になった。
 中国国家衛生健康委員会は12日、「中国での流行のピークは過ぎた」との認識を初めて表明。習近平国家主席は同日夜、グテレス国連事務総長と電話会談し、「中国人の艱難(かんなん)辛苦は世界各国の感染拡大防止のために貴重な時間を稼ぎ、大きな貢献をした」と主張した。 (C)時事通信社