【シドニー時事】オーストラリアのダットン内相は13日、自らが新型コロナウイルスに感染したと発表した。地元の東部クイーンズランド州の規則に従い入院したが、声明で「大丈夫だ」と強調した。
 ダットン氏は、13日朝に起床した際に「発熱があり、喉に痛みも感じた」と説明。病院で検査した結果、陽性反応が出たと述べた。感染経路は不明だが、ダットン氏は今月、米首都ワシントンを訪問している。
 豪州では感染者が増加の一途をたどり、既に150人を超えている。13日には、首相と州首相らで構成される「国家内閣」が発足。少なくとも週1回集まり、新型ウイルスの対応を協議することになった。 (C)時事通信社