三越伊勢丹ホールディングスは14日、子会社の札幌丸井三越が運営する札幌三越(札幌市)の従業員1人が新型コロナウイルスに感染していたことが判明したと発表した。感染拡大を防ぐため、丸井今井札幌本店(同)と札幌三越の2店舗は15日に臨時休業し、消毒作業を行う。
 この社員は札幌三越7階の紳士服売り場に勤務していた。3月に入り体調不良が続き、6日以降は出勤せず自宅療養していた。病院で検査を受けた結果、感染が判明した。現時点で社員に濃厚接触者はいないという。 (C)時事通信社