【台北時事】米国の対台湾窓口機関である米国在台協会(AIT)は15日、フェイスブックの公式ページで、新型コロナウイルスに関し「台湾の衛生福利部(日本の厚生労働省に相当)と協力を強化し、共に武漢コロナウイルスと対抗する」と投稿した。米台がノウハウを持ち寄り、ワクチンや治療薬を共同開発する考えを示した。
 台湾外交部(外務省)も15日、「米関連機関と積極的に協力し、手を取り合って武漢肺炎と戦う」と歓迎した。 (C)時事通信社