【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は15日、新型コロナウイルスの感染者が多数発生した南部の大邱市と慶尚北道の一部地域について、国家レベルで被害救済を行う「特別災害地域」に指定した。自然災害ではなく、感染症の拡大で特別災害地域に指定するのは初めて。
 今後被害状況を検討した上で、国が救済計画を支援するほか、死者や患者への慰労金支給、電気・水道など公共料金の減免などの措置を講じるという。丁世均首相は「感染者・死亡者が集中し、地域住民の日常生活と経済活動が止まった」と述べ、被害救済に注力すると訴えた。
 韓国の感染者は8000人を超え、死者は75人。その大多数は大邱と慶尚北道で発生している。 (C)時事通信社