【北京時事】中国メディアによると、北京市政府は15日、新型コロナウイルスの感染防止対策として、海外からの渡航者を16日から原則として政府が指定した施設で14日間隔離すると発表した。これまで北京市は海外からの渡航者に自宅などでの隔離を求めてきた。
 施設での滞在費は自己負担で、特別な事情があれば自宅での隔離を認める。中国政府は国内での感染のピークは過ぎたと判断する一方で、国外からの流入に神経をとがらせている。 (C)時事通信社